癒やしのサイキックタロット/水引ダーラン

今日も元気でいてほしい:)

#90「やる気スイッチは○○をイメージでオン!」

f:id:mizuhikidalang:20220402105328j:plain

「サイキックタロット」水引ダーランです:)

 

人にとって、行動とは快楽でありうる。今日はそんなお話。

 

人間には「線条体(せんじょうたい)」という行動と快感を結びつけている器官があります。これは「やる気スイッチ」とも言われています。

脳は集中できている時、この器官が活動している状態なのですが、人は集中モードに入ると、すなわち「やる気スイッチ」が入ると、その行動に快感を感じるようになるのです。

これは本能とも結びついていて、行動に快感を感じられなければ、動物は生き抜くことができなかったのです。獲物を追いかけることをすぐにあきらめてしまったら、餓死しますよね。

一度追いかけ始める(やる気スイッチ発動)→行動に快感を感じる→追いかけ続ける→獲物ゲット、というわけです。「やる気スイッチ」さえ入れば、人は勝手に行動が続くんですね。ではそのスイッチの入れ方は?

 

それは「行動をイメージすること」。その時のコツは「映像のように」「擬声語を使って」イメージする。

例えば「掃除やんなきゃなーーー」だと「ササッと動いて、パッと掃除機を出して、ガシガシ断捨離して、ニコニコ楽しく部屋をピカピカにできた」ところまでイメージする。

 

逆に「やろうやろう」といくら思っても、やる気スイッチにその命令は届きません。ただ単に「やる気を出そう」と思っているとき、言語野が活発に動いているにすぎません。つまり「やる気はあっても行動できない」状態。

 

行動をイメージ。これで重い腰も軽やかに上がりやすくなりますよ!

 

今日も良い一日を🍀

セッションのご案内↓

https://mizuhikidalang.hatenablog.com/entry/2022/03/30/160355